電子書籍出版事業を始めませんか

電子書籍の出版事業をもうひとつの収益の柱としてみませんか?私たちは電子書籍の出版サポートと合わせ、電子書籍出版事業社として活動して頂ける企業を募集し、その事業のサポートを行うとともにHCM電子書籍出版グループを運営し情報交流や新たな著者の創出に努めています。

電子書籍の出版社として成功する秘訣

「電子書籍の出版社として成功する秘訣をひとつ上げてください」と質問すると、多くの方が「本を売るスキルを磨く」と答えたり「売れる本を書ける著者を見つける」と答えます。しかし、この2つはどちらもハズレです。紙の本を出版する場合なら当てはまるこの出版社としての常識も電子書籍になると成功するどころか、参入障壁を引き上げてしまうだけなのです。

電子書籍の出版社として成功する秘訣の大前提は、紙の出版業と違いを把握し、全面に押し出すことです。2つ目に必要なことは、文章を書く労力を減らすノウハウを身につけること。3つ目は、本の売上ではなく、本業の成果に電子書籍の出版を結びつけるノウハウをクライアントの商材に適切に当てはめることです。

代表の松村は、自らも10冊以上の電子書籍を出版しこれらのノウハウを実体験の中から積み上げ、出版事業社として経験を重ねて続けています。これに加え、自らも執筆活動を行う傍ら、整骨院の院長や女性起業家、建築デザイナーやシステム開発会社などに出版社としてのノウハウを提供し、その育成に努めています。

彼らは皆、はじめは「出版事業なんてとんでもない」と口を揃えていたそうですが、私たちHCM出版の運営ノウハウに耳を傾けると紙本とは全く違う世界の電子書籍出版。そして、既に多くの企業が参入している電子書籍出版事業とも一線を画した、そのシンプルで負担の少ない事業戦略に興味を示し、学びと実践をスタートされました。

電子書籍の出版業は、どんな業種に向いているのか

新しいビジネスを取り入れたいと考えている経営者や、新たな収入源を、時代に合った形で見つけたいと言う社長は少なくありません。しかし、どんな業種でも電子書籍の出版事業社として成功し易いかと聞かれれば、それはやはり難しいとしか言えません。

例えば、個人でビジネスを運営していて、何もかも自分一人でやらなかれば気が済まないというタイプの方に、この出版事業は向いていません。人とのかかわり合いがほとんどない業種の方にも難しいと言えるでしょう。

このような方々は出版社として成功するよりも電子書籍の著者として本業にテコ入れをする電子書籍出版が向いています。

出版業が向いている業種や業界は、分かり易いところではコンサルタントや各種士業の方々が挙げられます。

もし、あなたがコンサルタントなら、クライアントに電子書籍出版を提案し、電子書籍を使った集客や販促のテコ入れノウハウを再現すれば、クライアントの業績も伸び、それによって、あなたとの契約も延長されるでしょうし、電子書籍出版に必要な手数料をあなたは得ることができます。

システム開発会社やOEMメーカーなども、出版事業社として成功し易い業種です。

一般販売しているソフトウェア商品があるのなら、それらのソフトウェアを利用しているお客様に、ノウハウ本の執筆や事例本の執筆を提案し、お客様にコンサルタント業としての収益を得て頂くお手伝いをできるようになります。

あなたやあなたの会社が開発したソフトウェアのノウハウ本や事例集の電子書籍を通じて、お客様にクライアントが付けば、そこでもあなたのソフトウェアは売れることでしょうし、これらのあなたのソフトウェアに関連する電子書籍が増えれば、それだけで認知も広がります。

使い方が分からなかったり、どういったことを可能にするのかなどが分からなかった潜在顧客が、あなたの直接的な説明やホームページに誘導しなくても、それらの書籍を通じて、商品を購入するようにもなるでしょう。

健康食品や化粧品に限らず、いかなる商材でも、あなたがOEM会社を経営しているのなら、取引先の企業に、その商材を販促するための電子書籍出版を提案し、販売数を増やす貢献ができるようになります。

また、仮にここで挙げた業種に、あなた自身が属していなかったり、関連性が乏しい業種や業界にいたとしても「そう言った知り合いならたくさんいる」という方なら、電子書籍の出版事業社としてビジネスを飛躍させることができます。

電子書籍の作り方が分からなくても心配無用

電子書籍の出版事業に関する魅力は分かったけど、肝心の電子書籍の作り方が分からなかったら、始めようがない…と心配する必要はありません。そのために、私たちは電子書籍の出版事業社グループを運営しています。

原稿を電子書籍のフォーマットに加工する技術や設備がなくても、その行程だけグループに加盟する仲間に手伝ってもらったり、私たちに依頼頂くことができます。その分、手数料は必要になりますので、私たちがサポートしている出版事業社としての収益の100パーセントを得ることはできませんが、この分の手数料を差し引いたとしても、80%程度はあなたの収入として獲得できることでしょう。

もちろん、電子書籍のフォーマットに加工する技術を身に付けたいと言う方なら、私たちがサポートいたします。

前文で「設備」と言いましたが、電子書籍ファイルを作るソフトウェアは、とても優秀なソフトを無料で使うことができますので、そこに設備投資は必要ありません。電子書籍のカバーデザインを手がけるのでしたら、Adobe Photoshopがおススメですが、GimpというAdobe Illustratorとほぼ同等の機能を持つ無料デザインソフトがありますので、ここにもコストは必要ありません。

「ソフトウェアは、使えるようになるまでが大変」と言いますが、電子書籍ファイルの加工ソフトなら3冊ほど電子書籍ファイル作成の練習をすれば、充分身につけられるようになります。

PhotoshopやIllustrator、Gimpなどの画像加工ソフトやデザインソフトに関しては、手の混んだ100パーセント・オリジナルのブックデザインを提供する場合なら、高度なスキルが必要になりますが、私たち代表の著書程度のカバーデザインなら、数日でそのスキルをマスターすることができるようになるでしょう。(代表 松村の著書を確認する

松村工の著書一覧

電子書籍の出版グループへの加盟には条件があります

HCM出版社グループに加盟頂くには、いくつかの条件をクリアして頂かなければなりません。その理由は、グループに加盟する企業同士の利益を確保することと、サービスの質を保全することが目的です。秘匿性の高い情報共有を行うこともありますので、加盟にあたっては条件を設定させて頂いております。

この条件とは、まず、あなた自身が電子書籍の出版を体験していること。そしてその体験から成功事例を持っているか、もしくは改善要素を複数見つけて頂く必要があります。

あなたは、「買おうかな?」と思っている商品を愛用している販売員と、その商品を使ったことなど一切ない販売員とでは、どちらから購入しますか?その商品のことは熱心に勉強しているけれど、一度も使ったことがない…ということは、そこに何か「使わない理由」があるわけです。もしかすると、この販売員の「使わない理由」は、あなたにとって「買ってはいけない理由」に当てはまるかもしれませんよね。

HCM出版グループでは、このような販売者自らの体験を重視させて頂いています。この他の条件や詳細は、「HCM出版グループ加盟要綱」をご確認ください。