自費出版とデジタル出版の違い

 従来からある自費出版は、商業出版へのハードルの高さから生まれた「苦肉の策」としての出版方法でした。そのため、多くの自費出版著者は、被害経験をし、高価な名刺代わりの書籍を配るだけに陥ってしまいました。しかし、電子書籍の登場やAmazon Kindleなどの販売サイトの隆盛が、この自費出版の活路を大きく開くことになりました。

 ただ、電子書籍の出版やプリント・オン・デマンド(POD)といった在庫を必要としない自費出版を通じて、夢の印税生活やベストセラー作家への道を歩むとするのなら、それはやはりイバラの道となるでしょう。私たちがお手伝いしているデジタル出版は自費出版に近い形態に当る出版方法と言えるかもしれません。しかし、私たちは、あなたに夢の印税生活やベストセラー作家への道をお手伝いするわけではありません。ここでは、従来の自費出版とも、そして出版のハードルが下がった一般的な電子書籍の出版やPOD出版とも異なる、私たちがお手伝いしているデジタル出版との違いをお伝えしています。

従来からある自費出版のメリットだけを残して、デメリットを軽減し新たな活路を生み出すのがデジタル出版なのです。


自費出版との違い

 ここではまず、従来からある自費出版について解説します。このページをご覧頂いている方の中には、過去に自費出版を検討された方もいらっしゃるでしょうし、実際に自費出版を経験された方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、自費出版にもその活用方法は様々ありますので、ここでご紹介する私たちが行ったヒヤリング以外にも成功事例はあるかもしれません。

 このページでは、過去に自費出版を行った経験を持つ方や自費出版を検討し断念された方々へのヒヤリングを通して、それらのメリットを残しながらデメリットだけを軽減し、新たな活路を見出す「デジタル出版」を生み出すに至った経緯などをご案内しています。

自費出版の最大のネックは「コスト」

 自費出版の最大ネックと言えば、やはり「出版費用」と「増刷コスト」という2つのコストです。自費出版をサポートしている出版社にもいろいろな考え方があるようですが、概ね印刷する冊数が増えれば、1冊あたりの印刷や製本に必要となるコストを抑えることができるようになります。最近では1冊から注文できるところもあるようですが、記念品として自分の本棚に飾ったり家族の思い出を残すと言った目的での自費出版なら1冊ずつ注文しても良いでしょうが、書籍を通じてビジネスに刺激を与えることを目的とした自費出版なら、やはり数100冊や1,000冊と言った印刷・製本を発注することでしょう。

こうなると、やはりその費用は数10万円から数100万円が必要となります。一般的な自費出版会社の料金では、出版社が一切原稿に手をつけず(編集や校正を行わない)また、表装デザインなども著者自身でデータを作成すると言ったケースで100ページほどの書籍を200冊印刷製本する場合で30〜50万円程度。編集や校正のサポートが付き、表装デザインや帯の作成、書店への配本が行われるケースだと500冊や1,000冊以上が刷られるために、その費用は200万円、大手書店への配本力をもつ出版会社やベストセラー作家を生んでいる実績を持つ出版社の場合なら、その費用はやはり大きくなっていきます。

 これらの費用を投じて自費出版を行った場合、書店への配本が行われるケースでは、印税(著作権使用料)が発生し、報酬を受け取ることができますので、出版コストを回収することが可能ですが、商業出版との違いのページでもご紹介した通り、書籍の印税率と言うのは5〜10%程度ですので、初期費用の回収割合も必然的に5〜10%となり、初刷が完売し増刷になった場合には、出版社負担で増刷が行われる場合も多く、コスト回収の可能性も大きくなっていきます。

自費出版の販促は誰がするの?

 自費出版の最大ネックは「2つのコスト」とお伝えしましたが、書店に並ぶ場合はそのコストを回収する可能性も「書店」という販売ネットワークを使って引き上がることにはなりますが、ご存知の通り、書店で売れる本と言うのは「平積み」されている期間だけです。一度に回収できるコスト割合も印税率とイコールですので5〜10%となりますので、全額回収するためには、増刷を10〜20回繰り返す必要があると言えます。これだけ増刷が繰り返されれば、ベストセラー作家どころか、ロングセラー作家の仲間入りができるレベルですから、「現実的には…」と言ったところでしょう。

 書店に並ばない自費出版になると、書籍の販促は「手売り」となります。売上はすべてあなたが手にできますので、自費出版コストを印刷した冊数で割った価格、もしくはそれ以上で手売りすれば、自費出版コストを回収するどころか、利益を得ることもできます。このように考えると、自費出版した書籍を手売りするということは、新商品の開発に似ていると感じて頂けることでしょう。

出版を「新商品の開発」と捉えると、書籍は消耗品ではないためにリピート購入は望めません。そのためには、自費出版する書籍から次に繋がる商品を準備する必要が出てきます。この「次に繋がる商品」は、あなたが既に販売している既存商品でも構いません。デジタル出版は自費出版同様に初回の出版コストが必要になりますが、絶版(在庫切れ)が起こらないために、電子書籍の出版に関してもプリント・オン・デマンド(POD)出版でも、追加コストを必要としません。このためデジタル出版は自費出版の最大ネックだった「増刷コスト」を消滅させた出版方法と呼ばれているのです。

 しかし、通常の自費出版でも「増刷コスト」を著者が負担しないで良いケースがあります。それが書店で平積みされる自費出版です。ただ、この書店に平積みされる自費出版の場合には、より本が売れるように書籍の内容を編集、校正され、「あなたのお気持ちは判りますが、それでは本が売れませんよ」とアドバイスされ、あなたが伝えたいメッセージを書籍の中に書けなくなってしまうケースが頻発します。(このことはベストセラー作家やビジネス本著者のブログやメールマガジンを講読すると頻繁に起こっていることを知ることができます)

あなたが書籍の中で伝えたいメッセージを書けないと言うことは、書籍を通じて次に繋がる商品やあなたのビジネスを紹介することが難しくなっていきます。もちろん、私たちがお手伝いしているデジタル出版でも「売り込み臭が強い内容」は校正させて頂きますが、そもそもデジタル出版された書籍は書店に並び無作為な対象に向けて買われるのを待つ出版とは異なります。読者を顧客に変える書籍構成や販促方法は、すでに確立されていますので、存分にあなたのメッセージを書籍の中に盛り込んで頂くことができます。

 これまで私たちがお手伝いさせて頂いたケースですと、著者自身はふんだんにご自身のメッセージや主張を盛り込むことに慣れておらず、また、主張の押し売りではなく読書体験を通じて読者にメッセージを伝えると言う文章構成に慣れていないため、まずは想いの丈を文字として書きなぐって頂き、伝わるメセージや顧客として迎え入れるためのメッセージとして構成させて頂くなどを行ってきました。

 出版物の販促に関しては、私たちがお手伝いしているデジタル出版はAmazonを使ったインターネット販売のみとなりますので、あなたが運営しているウェブサイトやSNSの他に、私たちが運営している当サイトや関連サイト、そしてFacebookやTwitterを使って販売サポートやプロモーションを実施させて頂きます(データ買取方式を除く)。

デジタル出版と自費出版の大きな違い

 出版と新商品の開発が似ているという視点から生まれたデジタル出版の活用法は、自費出版の最大ネックと言われる初期出版コストの中から印刷部数に乗じて増えていくコストを削減し、増刷コストを消滅させた出版方法です。また、売れる本を作るために思うような内容の本を出版できないという知られざる出版ネックも是正したのが、このデジタル出版の活用法です。

しかし、自費出版と私たちがお手伝いしているデジタル出版との大きな違いは、原稿を書き上げる労力に大きな差があります。

例えば、自費出版のコストはページ数と印刷部数によって価格が変動します。出版初期費用を抑えたいと考えて100ページ程度に納めようとすれば、もちろん、その書籍に盛り込むメッセージも少なくなってしまいますが、100ページの書籍の原稿はどのくらいの文字数が必要かご存知でしょうか。

文庫本サイズの書籍で1ページあたりの文字数が600〜700文字程度と言われますので、100ページの書籍だと6万~7万文字となります。ただ、100ページの文庫本の厚さは6mm程度となりますので非常に薄っぺらい本となってしまいます。6mm程度の本が書店に平積みされるシーンは想像しにくいのではないでしょうか…。

一般的な文庫本の厚さは15mm〜20mmの本が多いので、本の厚さから書籍のページ数、そして文字数を逆算すると、ページ数は250〜330ページ、文字数は15万文字から20万文字となります。400字詰め原稿用紙だと375〜500枚の原稿が必要になります。この数字はきっと気の遠くなるような数字ではないでしょうか。

おそらく、「それだけの原稿を書くことができない」、もしくは、「それだけの原稿を書いている時間がない」。出版費用を投じて、更にそれだけの文字数が必要な原稿を書かなければならないと感じれば、出版と言うハードルは再び高くなっていくことだと思います。

しかし、デジタル出版ならこの労力を軽減することができます。また電子書籍のケースでは最大であり最有力な販売プラットフォームであるAmazon Kindleが月額980円で電子書籍読み放題のサービス(Kindle Unlimited)を2016年8月にスタートさせましたので、980円以上の電子書籍は売れにくく読まれにくい書籍として読者の印象を落としてしまいます。

紙の本で書店に並んでいる本なら、ある程度の厚みがあり1,800円といった値段がついていても、そう言う書籍に慣れ親しんでいますので何の抵抗もなく購入しますが、電子書籍にはその厚みがありません。それに加えて980円で電子書籍が読み放題なら、それ以上のお金を支払ってまで、わざわざ単体で電子書籍を購入しようとする読者は多くないでしょう。

そのため、電子書籍の多くが500円以下で販売されています。

500円以下の電子書籍に原稿用紙500枚分の原稿なんて書いていられませんよね?書きたいことがたくさんあるという方でも、出来れば20万文字の書籍を1,800円で売れて得られる印税10%を500円の電子書籍で得られる方法があるのなら、その方法を使って出版したいと考えるのが普通ではないでしょうか。

その方法をサポートしているのが、私たちが手がけるデジタル出版なのです。

あなたに提供できる、私たちの最大の強みは

 ちょっと怪しげなお話に聞こえたかもしれませんが、通常なら書店で1,800円で売られるような原稿内容の書籍を、電子書籍にして500円で販売し、1,800円の本から得られる印税以上の印税を獲得する方法があります。なぜ、そんな方法があるのか、Amazonが月額980円で電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」をスタートさせたのに、なぜそんなことが可能になるのかと不思議に思われるかもしれませんが、その理由は、私たちも代表の出版物を通じてデジタル出版の活用方法を色々とテストを行っているので、このようなノウハウが蓄積されているのです。

私たちは、そもそもWEBサイトを通じて企業のプロモーションを行ったりインターネット通販などのお手伝いする会社でした。しかし、このインターネット業界に玉石混淆のサービスが溢れ、また、GoogleやFacebookを始めとする巨大ウェブネットワーク会社の仕様変更などの影響を多分に受け振り回されることに疑問を感じ、新たなプロモーション方法、新たな収益拡大方法とそのサービスを模索し始めた結果、行きついたのがこのデジタル出版と言う販促・プロモーション方法だったのです。

 既存のWEBサイトを使いながら、新商品(書籍)を低コストで作成し、追加生産コストの必要もなくプロモーションを行うことができ、既存のメイン商品に繋げて売上を伸ばし、顧客を獲得する。デジタル出版には「生産コスト」「増刷コスト」と言った概念がないために、無料で配布することから生じるリスクも存在しません。また、電子書籍の特徴や電子書籍を購入している市場の特徴から従来からある商業出版や自費出版と比べ断然スピーディに書籍をリリースすることが可能になり、そして手軽に顧客の元に届けることができるようになりました。

 更に最大のメリットは、デジタル出版は電子書籍だけではなくPODを使った「紙本」を出版できることです。このことでインターネットの外、OFFラインでの販促や顧客との接触を可能にしました。ONライン上の販促のみだとGoogleやFacebook、また、Amazonの仕様変更や新サービスの登場に大きな影響を受けることになるでしょう。しかし、OFFラインでの販促方法を同時に手にできるデジタル出版ならこのリスクも回避できると言うわけなのです。

このデジタル出版の活用法詳細をこのページだけでお伝えするのには流石に無理があり過ぎますし、業種業態によってその活用方法はアレンジしなければ成果を生みません。まずは、ご相談ください。

publishing-telback

デジタル出版に関する最新情報などはメールマガジンでも配信しています。

デジタル出版と商業出版や自費出版との違いは判ったけれど、なぜ、出版なのか?今の時代は動画やウェブ広告の方が良いのでは?と言う疑問をお持ちの方も少なくはないでしょう。では、次はlist-yajirushi『読書体験が及ぼす影響』についてご案内致します。